NEWS

2016/09/12 00:00:26 整理・収納して暮らしをレベルアップ!part2
【RABYの家づくり講座 vol.13】

【RABYの家づくり講座 vol.13】

整理・収納して暮らしのレベルアップ!part2


 

先週は、ちょっと家づくりとは違う、整理・収納のお話しをいたしました。
いろいろな雑誌やテレビで取り上げられているだけあって
皆さまの関心も高かったようですね。

ということで、
整理・収納して暮らしのレベルアップ!part2を早速お話しします!

整理ができないのは、「クセ」や「習慣づけの足りなさ」が原因のひとつですが
一般論として「収納」=「家事」=「女性は得意?!」と思われがちです。

でも、ある調査によると、全国的に5:1の比率で
男性に片づけられない方が多いんです。ご存知でしたか?
これは、「捨てる・捨てない」決める脳の働きにが関わっているという説があります。

詳しい学術的なお話は専門書にお任せするのですが
解りやすくいうと
「捨てる」「捨てない」の判断を決めるのは、女性の方が圧倒的に早いのだそうです。
つまり、その逆。男性は、女性より少々遅いのだとか。

しかし、それは、天性のものではありませんので
もちろん、男性もその判断基準を早くするある訓練をすることが可能です。
そのポイントとは
【小さな積み重ねで取り組むこと】

いきなり、たくさんのモノを捨てたりして、一気に物を捨てたりすると
一度はスッキリするのですが、すぐに喪失感にとらわれます。
大事なものも捨ててしまっているので、心を満たすために買ったり揃えてしまいすぐリバウンドします。

なので、

1)身の回りからはじめる
2)1)が終わったら立体空間に取り組む
3)多目的スペースに取り組み

1)は、デスクまわりなど、いつも同じ目的で使用する場所のピンポイントスペース。
2)は、クローゼットや押し入れ等、ある空間に位置を決めて収納する場所。
3)は、キッチンやリビングなど多目的に使うところ。

まず1)を、数か所で取り組んでみて「使ったら元に戻す」という基本な整理に取り組んでみましょう。
これができるようになると、「脳」のなかに、「捨てる」「捨てない」の判断基準が育ってきて
「片付けを意識する脳」になるそうです。

いかがでしょうか。

相談するならお近くのRABY(ラビィ)のお店へ