NEWS

2016/08/29 00:00:27 家を建てるときの資金。「自己資金」のお話
【RABYの家づくり講座 vol.11】

【RABYの家づくり講座 vol.11】

家を建てるときの資金。「自己資金」のお話


先週は、ご両親からの援助金についてちょっと触れましたが、今日は
住宅購入資金の「自己資金」についてお話しします。

新生活がスタートしたら、住宅ローンの返済はもちろん、
住宅にかかるメンテナンス費用、お子さまがいらっしゃれば教育費がいつどのくらい必要か
考えなくてはなりませんよね。

毎日起きるいろいろな出費の為に溜めている貯金。
ここから「自己資金」を考えていくわけですが、「両親からの援助」を踏まえても
どのくらい用意すればいいのでしょう

一般的に「自己資金」は土地代+建築費の20%以上が目安です。
『土地代+建築費」が2,500万だったとして500万となるから。。。
この500万どうすればいいんだろう。。』

と考えるのはNG.

大切なのは、自分たちの貯蓄額(+ご両親の援助)と収入で、
 いくらの家が建てられるのかを考えること。

そして、「自己資金」をいくら出せるかを考えるにはこの計算式です。

 ①【貯蓄額 + ご両親からの援助】

 ②【手元に残す生活費 + 教育費 + 諸費用】※注1 下記に表記

上記の式を下記に当てはめます。

① - ② =  頭金に回せるお金

※注1
―――――――――――

②【手元に残す生活費】→ 100万くらい手元に残すご家族が多いです。
【教育費】 → 幼稚園の費用、習い事、入学金
【諸費用】 → 住宅ローン手数料等、引っ越し代。  住宅営業マンに目安を聞いてもよいですね。
―――――――――――

相談するならお近くのRABY(ラビィ)のお店へ